2009/06/05
雨上がりの午後に(interop.jp)
 6月に入り、夏日が続いたかと思うと週に何日かは雨が降る。休日の午後、ルーフバルコニーから見下ろす雨上がりの横浜の街は、緑がいっそう濃くなり、やわらかでしっとりした空気が何とも肌に心地よい。グレーの雲の切れ間からオレンジ色の薄日が射し、その下を宙返りしながら飛んでいくツバメの残像が幾筋もの軌跡となる。崖の茂みからはシジュウカラの「sweets ! sweets !」という鳴き声がこだましている。足下に目を落とすと、松葉ボタンにいつのまにか小さな赤い花が咲き、シジミ蝶が羽を休めている。そう、梅雨入り前の静かでしとやかなこの季節、今年もネットワークの国内最大級のイベント、「INTEROP TOKYO 2009」(http://www.interop.jp/)が開催される。

 16回目を迎える今年のテーマは「NGN」「IPv4アドレス枯渇」「ネットワークセキュリティ」など。各種コンファレンスと展示会で構成される本イベントに、JPRSは今年もDNS関連技術のワークショップへの講師派遣や、展示会ブースの出展を行っている。どちらも、多くの方々にドメイン名やDNSの知識を深めていただくというのがその趣旨です。ちなみにJPRSブースでは、「知っておきたいドメイン名の基礎知識」「ドメイン名とDNSの最新トピックス」などのミニセミナーを連日開催する予定です。もし時間があれば是非足を運んでみてください。

 そうそう、蒸し暑い日が続くので、ようやく衣替えをした。と、タンスの引き出しの奥から、以前のINTEROPのTシャツが。黒地に白で「interop.jp」と抜かれていて、鮮やかで、短くて、シンプルな汎用JPドメイン名がとても目立つ。−春過ぎて 夏来にけらし 白妙の−というわけでもないが、雨上がりのバルコニーに干して風を通してみる。と、その黒と白の鮮やかなコントラストも、しっとりしたこの空気の中で、やさしくやわらいで見える。そのやわらかなコットンのぬくもり、夕方のオレンジ色の光。そんなゆったりした空気の中で、静かにたゆとうていたい。そんな気持ちに包まれる、梅雨入り前のしとやかな午後のひととき。

(J)
プライバシーポリシー | 著作権 | お問い合わせ:info@jprs.jp