2007/10/26
「ドメインカフェ?」 (jprs24.jp)
 溶けるように暑い夏と台風に振り回された初秋が過ぎ、横浜にもようやく爽やかな季節が巡ってきた。ルーフバルコニーからは、青空の下、緩やかな丘陵の上に白い家々が並び、その間の木々が黄色やオレンジに色付き出しているのが見える。足下の花壇では、ピンクのダリアの花が風に揺れ、紫の花を付けたペパーミントの芳しい匂いが漂ってくる。何とも爽やかで快適な季節。こんなすがすがしい季節には、青山あたりの花の溢れるオープンカフェでまったりと過ごしたい。

 JPRSが今月開設したJPドメイン名の周知キャンペーンサイト「JPRS24」(http://jprs24.jp/)では、そんなオープンカフェ(ドメインカフェ?)での何気ない日常のシーンから、普段われわれが使っているインターネットやドメイン名について、楽しみながら学ぶことができる。サイトは「ゲームで学ぶ」「ドメイン名って何?」「JPRSがなかったら」などのコンテンツで構成され、カフェでの各シーンをクリックすることなどにより、ドメイン名の基礎知識をわかりやすく理解することができる。

 さらに、特設ゲーム「.JP 〜インターネットを取り戻せ〜 」では、インターネットの無い世界を疑似体験することにより、インターネットやドメイン名の大切さとJPRSの働きをあらためて実感できる。実は、ゲームの掲示板などを見ても、まだ気付いた人は少ないようだけど、ゲーム中に「隠しキャラ(Webサイト)」も用意されているので、まだの人は是非トライしてみてください。(このコラムのタイトルにサイト名が隠れています。)

 このサイトを見ていると、ドメイン名って「コミュニケーション」の重要なツールなんだなとあらためて思う。そういえば、自分のこれまでを振り返っても、ずっと人との「コミュニケーション」の連続だったことに気付く。‐学生時代の演劇から、海外とのビジネスコミュニケーション、そしてインターネット‐そう、人はけして一人では生きていけず、他とのコミュニケーションによって、その人生は何倍も豊かなものになるのだから。今回のキャンペーンサイト制作に関わりながら、そんな当たり前のことに気付かされた。それにしても、不惑も超えても、まだ学ぶべきことが堆く山のように積もっているのは何故?

(J)
プライバシーポリシー | 著作権 | お問い合わせ:info@jprs.jp