2007/07/27
夏の夜の夢(花火大会ガイド.jp)
 もうすぐ梅雨明け。早朝、あまりの暑さに目が覚めてルーフバルコニーに出てみると、横浜の緩やかな丘陵の上には久しぶりの青空がどこまでも広がっている。点在する緑の中に夾竹桃の花が赤い点になって見え、油蝉の鳴き声がそこかしこから聞こえてくる。まだ朝とはいえ、ギラギラする夏の陽射しがコンクリートの床にじりじり照りつけ、足下では砂漠のように乾いた砂の上に今を盛りとマツバボタンが咲いている。赤、オレンジ、ピンク、黄、レモン色。。。こんなにも様々な色があるなんて。何層にも重なる暗い松葉緑の中に眩く鮮やかに開く花は、まるで夜空の花火だ。

 そう、日本の夏の風物詩といえば、やはり花火。マツバボタンに水やりした後は、西瓜でも食べて過ごし、夕方少し涼しくなったら浴衣にうちわで出かけよう。そう、7月の花火大会は台風で中止になってしまったところも多いけど、本格的なシーズンはこれから。こんな時に役に立つのが、今年もわかりやすい日本語JPドメイン名を利用してオープンした「花火大会ガイド2007」サイト(http://花火大会ガイド.jp/)。全国約600か所の花火大会を10地域(http://北海道花火大会ガイド.jp/http://九州花火大会ガイド.jp/など)に分け、各地域の花火大会の開催日時と打ち上げ数などの詳細情報と、花火スポットの最寄り駅からのアクセス情報を併せて提供している。「駅街ガイド」サイト(http://駅街ガイド.jp/)とも連動しているので、花火スポットの最寄り駅のサイトから、周辺のスーパーやコンビニなど、花火見物に便利な100種類以上の情報を入手することが出来る。

 例えば、横浜だったら「関東花火大会ガイド 2007」サイト(http://関東花火大会ガイド.jp/)にアクセスして「神奈川県」を選択。すると8月1日には「第22回神奈川新聞花火大会」が、「横浜みなと未来21臨港パーク前面海上」(みなとみらい駅から徒歩10分)で開催され、打ち上げ数は8000発だとわかる。さらに、最寄り駅の「みなとみらい駅」のサイト(http://みなとみらい駅.jp/)にアクセスすると、駅周辺のスーパーやレストランなど買出しや待ち合わせに便利な情報を得ることができる。

 さあ、今年はどこで見ようか。「みなとみらい駅」(http://みなとみらい駅.jp/)にアクセスして、見晴らしの良いレストランの窓際の席を予約しようか?それともオーソドックスに大桟橋の上? 当日は人出も凄いだろうし、花火が終わった後、火薬の匂いの残る白い夜空の下を誰かの手を引いての帰路には一抹の淋しさが付き物だけど。でもそれこそが夏の花火の良さかも知れない。一夜の夢のように、その儚さが、短くも暑い夏のひと時をいっそう鮮やかに心に焼き付けてくれるものだから。

(J)
プライバシーポリシー | 著作権 | お問い合わせ:info@jprs.jp