2007/03/09
さくらさくら(お花見ガイド.jp)
 雛祭りも過ぎ、暖かく穏やかな日が続く。久しぶりにルーフバルコニーに出てみると、横浜の丘陵の上には青空がうららかに広がり、白い家々と箒のような木々の上にはうっすら春霞が立っている。霞は梅のやわらかな匂いを包んでここまで運び、プランターで満開のパンジーの甘い香りとブレンドして、芳しい春の香りを醸し出す。バルコニーのすぐ下まで伸びた桜の巨木の枝には、小さな黄緑色の蕾がもう芽吹いている。

 今週発表された気象庁の開花予想によると、暖冬の影響で今年の桜の開花は早いらしい。‐本州で最も早い静岡は13日、東京も18日!‐桜が散ってしまう前にお花見の計画を立てなければ!こんな時に役立つのが、今年もわかりやすい日本語JPドメイン名を利用してオープンした「お花見ガイド2007」サイト(http://お花見ガイド.jp/)。日本全国の約1,400か所のお花見スポットを10地域に分け、場所や見頃、桜の本数などの詳細情報と最寄り駅からのアクセス情報を提供している。また「駅街ガイド.jp」サイト(http://駅街ガイド.jp/)と連動しているので、最寄り駅のサイトから、周辺のスーパーやコンビニなど、お花見に便利な100種類以上の地域情報を入手することができる。

 例えば、横浜だったら「関東お花見ガイド 2007」サイト(http://関東お花見ガイド.jp/)にアクセスして「神奈川県」を選択。「野毛山公園」なら桜木町駅から徒歩15分で桜は350本、夜桜見物も可能なことがわかる。最寄り駅の「桜木町駅」のサイト(http://桜木町駅.jp/)にアクセスすると、周辺のスーパーやカフェ、レストランなどお花見の買出しや待ち合わせに便利な情報も得られる。他のお花見スポットも同様に最寄り駅のサイトにアクセスすると、様々な地域情報を得ることが出来る。

 そう、今年はどこでお花見をしようか。
去年は京都に出かけたけど、今年は横浜に引っ越して初めての桜だし、「お花見ガイド 2007」で調べて地元で見ようか。思えば、この年になるまで色々な場所で桜を見てきた。故郷金沢を始め、東京、奈良、そして米国。しかしこの時期必ず思い出すのは、決まって金沢の桜。中学校の入学式の後、校舎に隣接する兼六園で父に写真を撮ってもらったっけ。そして今気付く。横浜は亡き父の育った街だったと。今年は三ッ池公園の枝垂桜の下に茶筅と茶碗を持ち込んで、しみじみと野点でもしてみようか。この季節、昔のことを鮮やかに思い出すことが多いのは、桜の甘く懐かしい匂いと、風に儚い淡いピンク色の花びらのせいかもしれない。

(J)
プライバシーポリシー | 著作権 | お問い合わせ:info@jprs.jp