2005/03/17
眩しいほどの、春 (フォション.jp)
 3月も半ばを過ぎ、暖かい春の陽射しが大地に降り注ぐ。眼下の玉川上水では、遅咲きのピンクの梅が柔らかな匂いをほのかに漂わせ、箒のような枝を縫うように白いセキレイが鳴きながら飛んでいく。ようやく訪れた、柔らかな春の光、心地良く頬をなぜる風、水のせせらぎ。眩いばかりの春の光景は人をしずごころなくさせ、甘い花の香りがその心を和ませる。

 春のベランダのたおやかな休日。こんなゆったりとした梅見に似合うのは、やはり春らしい甘いカクテル?アサヒビールがフランスのフォションと共同開発したリキュール「フォション香り紅茶酒」のサイトはhttp://フォション.jp/と、わかりやすい日本語JPドメイン名でアクセスすることができる。ここでは、紅茶で有名なフォション社の歴史と、休日のブランチやホームパーティなど、このカクテルの様々な利用シーンを紹介している。

 もちろん、サイトにはASCIIのドメイン名でもアクセスできるけど、フランス語の「フォション」の綴りは「×foshon」でも「×fouchon」でもなく、「○fauchon」だと正しく書ける人がどれだけいるだろうか?アルファベットのスペリングで迷うより、http://フォション.jp/ の方が格段にわかりやすいし、間違いも少ない。このように、日本語JPドメイン名を利用すると、英語以外の外国語でも、こんなにわかりやすく、憶えやすく表現することができる。

 そう言えば、学生時代にフランス思想を勉強したとき、それ以前にフランス語が全く読めなくて閉口したっけ。‐どうしてoiseau(鳥)がオイセウじゃなくてワゾーで、lait(牛乳)がライトじゃなくてレ?‐あれから幾星霜。僕は相変わらず話せないまま、「積ん読」を決めこんでいたジャック・デリダも昨年故人に。パリにももう随分行ってない。折りしも今は、パリコレクションが終わったところ。まだ恐ろしく寒いんだろうな。5月の連休あたり、モロッコの友人を訪ねる帰りにでも寄ってみようか。それでも人の思いに気兼ねなく地球は確実に廻り、眼下の玉川上水は今、眩しいほどの、春。

(J)

日本語JPドメイン名について
→「日本語.jp」(http://日本語.jp/
プライバシーポリシー | 著作権 | お問い合わせ:info@jprs.jp