2003/09/05
「SHALL WE GO TO THE CINEMA?」frida.jp
 熱く燃えぬまま夏は行き、気がつけば9月。ベランダの朝顔は相変わらず紅い花を付け、玉川上水では蝉が今を盛りに鳴いてるけど、夕暮れと共に涼しい風が吹き、秋の虫が100万個の風鈴を奏で出す。やがて南の空には赤い大きなMarsが輝く。そう、季節は夏から秋へと確実に動いている。今年の夏にはそろそろ封印して、気分転換に映画にでも行こうか?今なら夏休みの大作と、秋の新作のどちらも見ることができる。

 金曜日の夕刊には、汎用JPドメイン名を利用した映画の広告が目白押し!いずれも汎用JPドメイン名の特徴である、「短い」「覚えやすい」「キャッチー」を活かしたサイトで、映画名を最大限にアピールしている。いくつか紹介すると・・・。色彩感覚あふれるワダエミの衣装でも話題の「HERO」のサイトはhttp://www.hero-movie.jp/。ジョージ・クルーニー監督・出演の「コンフェッション」はhttp://www.confession.jp/だし、タランティーノの新作、「キルビル」のサイト(http://www.killbill.jp/)では、映画の雰囲気をスタイリッシュに感じることができる。他にも「アダプテーション」(http://www.adaptation.jp/)、「タイタニックの秘密」
(http://www.3d-titanic.jp/)、邦画でも「ドラゴンヘッド」(http://www.dragonhead-movie.jp/)など、多くの映画サイトが、汎用JPドメイン名を利用している。

 キャラの強い女性が主役のストーリーが多いのは偶然?それとも時代の趨勢?強い意志を持ったメキシコの女性画家を描いた「フリーダ」のサイトはhttp://frida.jp/。人を魅了してやまない危険な女性「ファム・ファタール(Femme Fatale)」(http://www.ffmovie.jp/)や、逆にCGで出来た女優を描いた「シモーヌ」(http://www.simone.jp/)というのもある。

 う〜ん。夏の終わりに映画を見るとなぜか心に沁みますね。柄にもなくメランコリーになるのはこれから訪れる静かな秋の予感のせい?それともまた一つ夏の思い出を重ねたせい?いずれにしても、ゆっくりと進むこの秋の中で、Marsのように情熱的で、‐でもFemme Fatale(Homme Fatal ?)のように致命的でない‐運命の人に、ぜひ巡り合いたいものですね。

(J)



ドメイン名についてもっと知りたい方
→「ドメイン名とは」 (http://jpinfo.jp/dom/)

JPドメイン名の種類についての情報は
→「.JPの種類」 (http://jprs.jp/info/jp-dom/)

JPドメイン名登録ご希望の方
→「JPドメイン名登録・活用」 (http://jpshop.jp/)
プライバシーポリシー | 著作権 | お問い合わせ:info@jprs.jp