2002/06/17
ジューン・ブライド zwei.jp
 日本代表も勝ち進み、史上初の決勝T進出。つかの間の幸せ気分で一息つくと、6月も半ばを過ぎ、日本は梅雨の真っ只中。窓の外の玉川上水の雑木林もブルーのアジサイとオレンジのヤマユリのカラー・コントラストが何とも美しい。「幸せな6月」の代表といえば、やはりジューン・ブライド。6月(June)はギリシャ神話の結婚・出産を司る女神Junoに由来することから、今月結婚する花嫁は幸せになれるって!

 最近では、結婚に関する多くの情報をWebサイトで知ることが出来る。汎用JPドメイン名を使ったサイトをいくつか紹介すると、結婚式場では、乃木會館のサイトがhttp://www.nogikaikan.jp/。ここでは通常の挙式に関する情報はもちろん、ドレスやBGM等の人気ランキングも知ることが出来る。アル・マーレ 滋賀(http://www.almare.jp/)やエスタシオン・デ・阪神(http://www.estacion.jp/)のサイトでは各種イベントや予約状況を知ることが出来る。

 ウェディングドレスのサイトでは、マリノがhttp://www.marino-inc.jp/。ここでは数十種類の華やかなドレスがフロント・サイド・バックからの写真でわかりやすく紹介されている。アンジェリーナ(http://www.angelina.jp/)やベルディア(http://www.veldia.jp/)のサイトでも美しいドレスを見ることが出来る。う〜ん。ウェディングドレスって見てるだけで幸せな気分になれますね。でも、まだ相手が…という人のためには結婚情報サービスのサイトが。ツヴァイのサイト(http://zwei.jp/)では、クイズで自分の結婚観も知ることが出来る。

 数年前の6月、米国で結婚したときは大変だった。日本と違い、結婚式場やコーディネーターがいないので、すべて自分で交渉するはめに。 神父、教会、花屋、披露宴会場、贈り物はデパートに登録し、ウェディングケーキはパティシェと。‐大きさや形、味はもちろん、ケーキトップに載せる新郎新婦の人形の髪の毛の色まで‐。さらに、州の面接と、教会での講義と、医師の許可証まで必要だった。それでもjunebrideはいつしかex-wifeに。ちゃんと古いものと青いもの一つずつ身に付けてもらったのに…。げっ!でも、つい日本のノリでドレス一緒に選んでしまってた。う〜ん。これからは気をつけなきゃ。

(J)
プライバシーポリシー | 著作権 | お問い合わせ:info@jprs.jp