2002/04/15
パリ/東京コレクション romeogigli.jp
 4月も半ばを過ぎ、窓の外の桜は散ってしまったけれど、ベランダには白いチューリップが満開だ。暖かい日が続き、街には春のモードがいっせいに花開いている。気のせいか、今年は白が多いように感じる。そういえば、去年の秋のパリコレ(つまり、2002年のSpring/Summer)はどこもホワイトが目白押しだったっけ‐暗い時代にはロマンチックでピュアなホワイトが流行る?‐半年経って、街にもホワイトが溢れ出すのは、去年植えて、今ベランダで満開のチューリップと同じことだと気付く。

 コレクションに出展しているブランドの多くはWEBサイトを立ち上げ、その主なラインを紹介している。JPドメイン名を使ったサイトをいくつか紹介すると、その美しい布使いで世界的に評価の高いヨウジヤマモトのサイトはhttp://www.yohjiyamamoto.co.jp/だ。ここでは、彼の持つ幾つものブランドのコレクションを見ることが出来る。また、今シーズンも蝶をモチーフの作品を発表しているハナエモリのサイトは http://www.hanaemori.co.jp/だ。海外のファッションブランドでも、日本市場向けに日本語のサイトを立ち上げている所もある。パリコレには参加してないけど、イタリアの雄、ロメオ・ジリのサイトはhttp://www.romeogigli.jp/だ。ここではそのラインはもちろん、コンセプトや歴史が日本語で詳しく紹介されている。

 と言って、もちろん、コレクションだけがファッションを生み出しているわけではない。コレクションを中心としたそれまでのファッションの流れから、タウンから情報発進する新しいトレンドを作り出し、ファッションの情報発信地を表参道から渋谷に変えてしまった、マルキューこと渋谷109のサイトは、その名もhttp://www.shibuya109.jp/だ。ここでは、各フロア毎の店舗と商品が詳しく紹介されている。

 以前パリコレに携わっていた頃、春のパリコレはとにかく寒い!の一言だった。サンプルを持ちかえって、急いで直しを入れて行なう東京コレクションの頃、会場の代々木のテントの外には桜が咲いてようやく春めいてくる。アジアの暖かい国々から明るいバイヤーを迎えるとなおさらだった。(実際はAutumn/Winterだったし、モデルまでやらされて大変だったんだけど) 今年の東コレも先週終わった。これからが、緑と色とりどりの花が眩しい、本当の春の到来だ。

(J)
プライバシーポリシー | 著作権 | お問い合わせ:info@jprs.jp