2002/04/01
新装開店!! jprs.jp
 満開だった窓の外の玉川上水の桜も、週末の雨で、その殆どが散ってしまった。早く訪れる春は嬉しいが、早く逝く春もまた寂しい。何とも人の心は勝手なものだけど、きっとこれは、万葉の昔からずっと繰り返されてきたことなんだろう。さて、今日は4月1日である。今日から新年度を迎えた企業も多く、電車の中では新社会人の初々しいスーツ姿が何とも目に眩しい。(僕にもこんなときがあったんだっけ?)

 JPRSでは今日、WEBサイトのリニューアルを行った。JPドメイン名の登録管理業務が本日、JPNICからJPRSに移管したことに併せて、内容の拡充と全体構成の大幅な変更をている。

 WEBサイトのトップページURLは(http://jprs.jp/)。これは変わらないが、この下に5つのサブサイトを置き、それぞれに分かりやすい個別のドメイン名とテーマカラーを与え、その役割を明示的に表すようにしている。

 まず、「JPドメイン名登録」はhttp://jpshop.jp/ (マリンブルー)、ここではその名のとおり、JPドメイン名レジストリとして、ドメイン名の活用方法やパートナーの一覧など、JPドメイン名の登録に関する様々な情報を提供。『ドメイン名検索』を使って希望のドメイン名が登録可能かどうか調べることができる。「JPパートナーズ(http://jppartners.jp/)( オレンジ)」では、JPRSのパートナー(指定事業者)になるための、また既にパートナーの方のために情報を提供。「ドメイン名情報(http://jpinfo.jp/)(モスグリーン)」では、ドメイン名に関するニュースやコラムなどの一般情報を提供しており、さらに内容を拡充していく予定である。

 こう書くと、全て汎用JPドメイン名を使っているようだが、それだけではない。JPRSの会社情報を紹介する「JPRS紹介」はhttp://jprs.co.jp/ (赤)で、属性型JPドメイン名(co.jp) を使っている。このように、目的に合わせて、汎用JPドメイン名はもちろん、「co.jp」などの今までのJPドメイン名を使うことで、ユーザによりわかりやすく情報提供することができる。最後に、今回の業務移管により、その内容が大幅に拡充された、「JPRSでのお申込」はhttp://jpdirect.jp/(サファイア・ブルー)である。ここではJPRSへの直接登録を希望するユーザの方に、JPドメイン名の種類ごとにその手続きをわかりやすく紹介している。

 逝く春を惜しみつつも、新しい季節の到来(桜にもグリーンの葉が出始めているし)に確実に心躍らせている自分がいる。これからも、ドメインネームカフェをよろしく。

(J)
プライバシーポリシー | 著作権 | お問い合わせ:info@jprs.jp