2002/01/07
スキー場のドメイン名 snownet.jp
 明けましておめでとうございます。この正月はあなたは何をしていましたか?色んな人に会えましたか?僕はハワイにもスイスアルプスにも行かず、田舎に帰って、近くの山でスキーをしていました。まあ、特別うまいわけでも何でもないんだけど、それでも白一色の雪の中で身体を動かしてると気分が良いですね。最終的には白山のかなり高い所まで行って、気付くとマイナス10℃の吹雪の中にいたりして、レジャーのはずがサバイバルになってたりしたんだけど、それでも晴れた後の青空の中で輝く樹氷や湖は最高に美しいし、ウサギや猿なんかにも会えて、自然の美しさと脅威の両方に触れられる所が、南の島のダイビング同様、僕はなかなか好きです。

 最近ではスキー場の多くが利用者へのサービスの一環としてWEBページを立ち上げ、天候やゲレンデの状態をリアルタイムで情報提供している。汎用JPドメイン名を使った所も多く、北から幾つか紹介すると、みやぎ蔵王すみかわスノーパーク(http://www.zao-sumikawa.jp/)、白樺高原国際スキー場(http://www.shirakaba-ski.jp/)、白馬乗鞍スキー場(http://www.hakubanorikura.jp/)、兵庫のスカイバレースキー場(http://www.skyvalley.jp/)など。地図や宿泊情報、ライブ映像なども見ることが出来る。すべては紹介できないので、あとはスノーネット(http://snownet.jp/)や白馬ネット(http://hakuba-net.jp/)などのスキー場リンクで探して見てください。

 僕はといえば、スキーはすごく楽しかったんだけど、スキーをする度に、昔、blondのex-○○に轢かれた膝ががくがく痛む。そして、まるでプルーストの『失われた時を求めて』のマドレーヌの味のように、痛みとともに数々の思い出が走馬灯のように蘇る。 ‐ああ、こんなことなら、あのときちゃんと病院行っとけば良かった‐

 前回のコラムには写真のことを書いたけど、身体に刻まれた思い出というのもなかなか消えないものですね。これからは気をつけなきゃ。

(J)
プライバシーポリシー | 著作権 | お問い合わせ:info@jprs.jp