2001/11/26
読書感想文
 いよいよ晩秋である。この連休は全国的に小春日和(インディアン・サマー)に恵まれたようだけど、あなたはどこかに出かけましたか?僕はインドにも近くの公園にも出かけず、窓の外の雑木林で騒がしいヒヨドリの鳴き声をBGMに、読書三昧の日々を送った。このコラム執筆の勉強のためにと有名作家のコラム集を数冊読んだのだが、その緻密な構成、美しい日本語、流れるような文体に感心し、同時に自分とのあまりの差に愕然とした。学生の頃は読書が好きだったのになあ。読書感想文だって毎年書いてたし、早弁するのはいつも図書館だった!
 
読書感想文コンクールのサイトを見つけた。全国学校図書館協議会の青少年読書感想文コンクールのサイトだ(http://www.dokusyokansoubun.jp/)。コンクール名(キャンペーン名)を用いた汎用JPドメイン名を使うことで、こんなに分かりやすく、憶えやすくすることが出来るのである。

 出版社や書店でも汎用JPドメイン名が数多く使われている。徳間書店(http://www.tokuma.jp/)やリブロ(http://www.libro.jp/)はそれぞれ会社の個性が出た使いやすいサイトだ。販売取次会社のトーハンのサイト(http://www.tohan.jp/)では書籍の注文もできる。オンラインで漫画の購読が出来るe-mangaのようなサイト(http://www.e-manga.jp/)もある。

 久々に感想文コンクールに応募してみようか。ところが応募資格を見ると20歳以下限定ではないか!気が付くと年齢制限の倍近い歳になっている自分に、またも愕然とする。こういうのを「青年老い易く学成り難し」っていうんだっけ?もっと勉強しなければ。

(J)
プライバシーポリシー | 著作権 | お問い合わせ:info@jprs.jp