2001/09/14
JPRSラジオCMとホームページアドレス jprs.jp
 JPRSは9月3日から28日の間、TOKYO FM(http://www.tfm.co.jp/) の交通情報(8:20、12:25、13:54、16:54)のスポンサーをしている。そのためか、いろいろな人から「高いCM広告を出すなんて、随分儲かってるんですね」と言われる(笑)。「儲かっていたらCMなんて出さずにドメイン名の料金を下げてますよ。汎用JPドメイン名が商品名やサービス名で登録できることを世間に知ってもらって、登録数を増やすことによって料金を下げたいのです」という話を何度したことか。

 というわけで、今回はラジオのCMといっても、予算が少ないので20秒だけである。ドメイン名とは何かを丁寧に伝えようと考えると、20秒では足りなくなる。広告代理店や製作会社の人達に相談すると「一般の人はドメインという単語自体を知らないですからねぇ〜、ドラエモンなら知ってると思うけど」と言われる。「ねぇねぇ真剣に考えているの? ドとンしか合ってないよ」と突込む自分がむなしい。すると、真面目に「一般の人になじみのある言葉はメールアドレスとかホームページ"くらいまでが限界ですね」という答えが返ってきた。悩み抜いた末、CMの中でドメイン名という単語を使うのは断念して、「アドレス」という単語でドメイン名を類推できる内容にすることにした。

 さらに製作の方には、CMを聞く人の耳に「ドット ジェピー」の響きが残るように、JPRSのホームページアドレス(http://jprs.jp/) を強調して欲しいと頼んだ。しかしCMの中で「JPRSのホームページアドレスは h t t p : / / w w w . j p r s . j p」と言うと、それだけで時間を取られる。さらに「i-modeからのアクセスは ………… . j p / i、J-SKYは〜、EZwebは〜」と3種類のケータイ用のURLを付け加えると20秒が終了してしまう。 おおお、どうすればいいのだ。。。。。

 いろいろ検討した結果「ジェー ピー アール エス ドット ジェー ピー」とだけ言うことにした。そのかわり「利用者の使用している機器に関係なく、jprs.jpと入力したら、パソコンならパソコン用のホームページに、ケータイならそれぞれのケータイ用のホームページにたどれるようにしておこう」と提案した。すると、その場にいた製作会社の人に「そんなことできるんですか〜?ケータイ用のホームページアドレスはパソコン用のものと別に入れている宣伝が多いですよ〜」と言われた。「いや、うちの技術陣なら簡単にできますよ」と見栄をはってみたが、かなり心配だった。会社に戻って開発担当に相談すると、「簡単です。数行のコードを書くだけで設定は済みます」との返事。さすがは我が社の技術陣と思いつつ、簡単なコードならドメインネームカフェでみなさんに教えようと思い立った。

 その担当から「ユーザのブラウザが送ってくる名前で判別しています。PHPという HTML埋め込み型スクリプトを使っています。普通の cgi でも同じような処理で可能です」という説明つきでもらったコードが下記である。説明はちっとも簡単じゃなかったが、見る人が見ればこれは簡単なコードなのだろうと信じて、掲載することにした。

http://jpshop.jp/use/cellular.html

 これからは「http://」、「www.」、「ケータイは…/i」と言わなくても、「○○○○○ ドット ジェピー」とだけ言えば、それがホームページアドレス(ドメイン名)だとわかるのだということを世間に定着させたいと思いつつ、今日も元気に飲みにいくことにする。

(こ)
プライバシーポリシー | 著作権 | お問い合わせ:info@jprs.jp